白根学園日記

「光の丘」のクリスマス忘年会

吹き出し

2017年12月25日(月):光の丘

「ダルマ」の目入れ式

 12月25日(月)クリスマスの昼に、「光の丘」でクリスマス忘年会が開催されました。「光の丘」は施設規模が大きく、利用者さんと職員併せて170人が参加するため、会場を、4階の食堂と2階の工房プリズムに分けて開催しました。

 今日は、利用者さんも正装して、どこもかしこも笑顔、笑顔でいっぱいです。風の丘名物の「白根だるま」に施設長が目入れを行い、そのあとは、怪しいサンタとトナカイが現れて、これも就労センターのぞみの名物の菓子を利用者さんに配りました。

 バックステージでは、この1年間の利用者さんの様子を様々な行事を通して、スライドショーで紹介されました。自分が写っているスライドが出ると、利用者さんは歓声を上げ、盛り上がっていました。楽しいクリスマス忘年会が終了し、そして今度は正月がきます。来年も楽しい年でありますように!


会場の「工房プリズム」の風景

怪しいサンタ(?)からのプレゼント

「おいしいケーキ」いただきます!