白根学園日記

事業所内研修を実施しました!

吹き出し

2017年4月15日(土):センター歩 / ホーム歩

4月15日(土)午後、歩の職員研修会を行いました。

 知的障害者通勤寮の流れを汲んだ宿泊型自立訓練事業は、全国的にも数が少なく支援等については理解を得にくい部分があったりします。丁度法人内で中長期事業計画作成が始まったこともあり、歩の将来を自分たちの思いと言葉で創って行けるようにするために、今年度複数回予定している事業所内研修の第1回目としてグループワーク形式の研修会を実施しました。

 

 歩の正規職員は施設長を入れても全部で11名。今回は敢えて最初にアイスブレイクを行い研修会へ向けて気持ちを整えてから、まずは夢や希望を語り、次に自分たちの強みと弱い洗い出し、更にその強みをどこにどう活かすのか、強みを磨くためには何を身に付ければ良いのか、弱みを補うためにはなにが必要なのか、等々、模造紙を用い、書き出しては発表、発表を聞いては次の課題へ発展させ・・・と、一気に2時間半強、楽しく真剣に語り合いました。

 今年度こんなことを繰り返しながら皆で同じ目標を見つけていきたいと思っています。

 

 今後の歩に乞うご期待!


ポストイットでそれぞれの意見を模造紙へ!

・明るい室内がよい

・花を飾って華やかに

・完全個室化

・帰りたくなる場所

・ひとり暮らしに向けたプログラムの構築

・ホームの利用を有効期間の設定

などなど・・・

歩のいいところも出し合ってみました!

・地域との交流がある

・コミュニケーションが取りやすい

・センターからホームへ、その次は自アシへと先の支援機関がある

・研修に行ける

・職員数が少なく情報の共有がしやすい

などなど・・・・